ビズベクトルテンプレートでメニューバーの背景の色を変える

ビズベクトルとは。。。。

日本の企業・事業・店舗・塾・クリニックなど、ビジネス用途のホームページに必要な要素・仕様・構成に徹底的に最適化してある、無料のWordPress用テンプレートです。

知人に頼まれてWEBサイトをWordPressで作ることになりました。
いろいろ探した結果、いつもと違うビジネスっぽいテンプレートがいい、ということとなり、このBizVektor(ビズベクトル)が提供している無料テーマを選択しました。

はじめてこのテンプレートを利用するにあたり、今までのテンプレートと勝手がずいぶん違うので戸惑いましたが、今回このテンプレートにして正解だったと思っています。

(まだ完成していませんが)

通常のテンプレートとは違って、管理画面でいろいろできるようになっているため、そこで準備されていないものは、直接ファイルをいじることになるわけですが、CSSやJSが理解できていない私には、何がなにやらxxxxxって状態でした。

検索しても意外と情報が少なくて、そこは想定外でした。

少しづつわかったことを備忘録として記載していこうかな。と思います。

 

理路整然と有識者さんたちが公開しているのを想定している方は、期待はずれになります。だいたいこらへんをいじったらできた!わーい!っていう程度なので、ご了承ください!!!

 

また、バージョンアップが激しいそうです。現在、作成しているVERは、Download BizVektor 0.11.4.3 です。

子テーマは必ず作ったほうがいいと記載されていました。

メニューの背景色の指定に関連しているのは

/themes/biz-vektor/bizvektor_themes/001
001.css

 

56行目あたり

background: -webkit-gradient(linear, 0 0, 0 bottom, from(#e5e5e5), to(#fff));

272行目あたり

background: -webkit-gradient(linear, 0 0, 0 bottom, from(#e5e5e5), to(#fff));
background: -moz-linear-gradient(#e5e5e5, #fff);
-ms-filter: "progid:DXImageTransform.Microsoft.Gradient(StartColorStr=#e5e5e5, EndColorStr=#ffffff)";

277行目あたり

background: -webkit-gradient(linear, 0 0, 0 bottom, from(#e5e5e5), to(#fff));
 background: -moz-linear-gradient(#e5e5e5, #fff);
-ms-filter: "progid:DXImageTransform.Microsoft.Gradient(StartColorStr=#e5e5e5, EndColorStr=#ffffff)";
}

ここの、gradient後に記載されている、fromとtoの色を別のもにかえてプレビューしてみてください。

んー。もしかしたらどっか抜けているかも。。

その場合は、gradient の後の色指定を変更して確認願います。。。。すいません。

これが元の背景色(サンプルサイトからの画像なので上記cssの色味と違います)

無題

#fffをfromとtoに指定して真っ白にしてみました。

無題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です