wordpress2つ目のインストール ~WADAX~その1

 

wadaxに2つ目のwordpressをインストールする方法を記載します。
マルチサイト化はせず、サブドメインも利用しません(wadaxはサブドメインは有料なので)単体インストールです。

Wadaxさんの新規wordpressインストールの画面をそのままコピーしてきました。
そこに2つ目のwordpressインストールする場合の注釈を入れていきます。

 

 

前提条件:既にwordpressをインストールし、WEBサイトの運用している  ”http://hogehoge.jp/”
もう1つのwordpressを   http://hogehoge.jp/任意の文字列/ としてインストールしたい。

 


0.事前準備

MySQLデータベースを利用いたしますので、事前準備として弊社コントロールパネルから、データベースの作成をお願いします。

コントロールパネルのURL
http://www.wadax.ne.jp/support/manual/shared/control.html

ご自身が契約しているSVサーバーを選択してください
WADAXコントロールパネル


 

ドメイン名とパスワードをいれてログインしてください

WADAXコントロール画面


 

”データべース管理機能”のところに、データベースを作ることができる箇所があるので、取得してください。
そしてそのデータベース名をコピーしておいてください。

WP


 

1.WordPressのサイトにアクセスし、該当ファイルをダウンロードします。

wordpress.org 日本語版インストール

WP


 

2.ダウンロードしたファイルを解凍します。

WP


 

3.解凍したファイルをご利用サーバにアップロードします。

各種FTP設定はこちら

既にwordpressがインストールされ、WEBサイトを運用している前提となっています。
新たにwordpressデータを移行するフォルダを作成します。

FTPでファイルをアップ

WP

※ファイル数が多いため、小分けにしてアップロード頂くことをお奨めします。

filezillaというフリーソフトを使っています。ffftpだと小分けにアップロードしないとファイルが欠損していたりしますが、これだといっぺんにアップロードしても欠損はありませんでした。

FTPでの移行完了

 


 

4.WordPressをインストールしているディレクトリのパーミッションを「707」に変更します。

WP

【注意】
インストール完了後は「705」に戻していただくようお願いします。

パーミッションの設定場所は、wordpressを移行させたフォルダを右クリックすると出てきます。

パーミッションの変更


5.WordPressをインストールしたディレクトリに、ブラウザにてアクセスします。

例:http://wadax.ne.jp/wordpress/

【wp-config.php ファイルを作成する】をクリックします。

今回の場合は、
http://すでに運用されているHPのアドレス/cp-bin/今回作ったフォルダ/
となります。

WP


 

6.【次に進みましょう!】をクリックします。

WP


 

7.データベースを設定し、【作成する】をクリックします。

WP

データベース名 :コントロールパネルで作成したデータベース名
例:wadax-ne-jp00001
ユーザー名 :コントロールパネルで作成したデータベースユーザー名
例:wadax-ne-jp
パスワード :データベースパスワード
データベースのホスト名 :localhost
テーブル接頭語 :wp_

 

8.【インストールを実行しましょう!】をクリックします。

WP


 

9.ブログの設定を行ない、【WordPressをインストール】をクリックします。

WP


 

10.インストールの完了です。パスワードが表示されますので、必ず忘れないようにしてください。

※パスワードは後から変更が可能です。
adminはやめましょう

WP

※パーミッションを元に戻すのを忘れないように、、、

 


ノートPC売上ランキング IT本売上ランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です