Inkscape0.48.2のバグ

 

イラストを加工したり画像処理するのに使っている、フリーのInkscape

最新版にバージョンアップしたら、オブジェクトの座標(x,y)と幅、高さの欄がグレーアウトしてしまいます。

 

inkscape

(画像をとる前にアンインストールしてしまったのでイメージ)

 

幅と高さは画像を修正するときによく使うので、次のバージョンで改修されるのを待つわけにはいかず、ダウングレードしました。

 

一番安定感のある、0.48.2をダウンロードして再度インストール

結構時間がかかるけど無事終了。

inkscape

以前設定してた、EPSファイルを開くようにする設定は、引き継いでいるのか、再度設定が必要なのかは今度

 

 


Inkscapeとは
Inkscape(インクスケープ)とは、無料で使えるドロー系のグラフィックアプリケーションです。

ドロー系とは、数値計算によってモニターへ図形を描画していきます。
例えば、モニター画面上に円をドラックして描いたとします。
ドロー系のソフトウェアは、ピクセルの一つ一つの色を設定して円を表現する訳ではなく、
円を描く計算式をもとにモニターへ表示します。
データを保存する際には、

その円の位置
円の計算式
線の太さや色
などの付帯情報も加えて保存していきます。
円をどんなに拡大しても計算式の値は変わりますが、円自体の式は増えることがありません。
よってピクセル一つ一つの情報を保存するよりも保存するデータ量が少なくて済みます。

簡単に言うと、ペイント系で円を描いて拡大すると、
こまかな四角の集まりがそのまま拡大されるので、ギザギザになってしまいますよね。
それをドロー系のInkscapeでやると、ギザギザにならないんです。

Inkscapeはベクトル画像を含むSVGファイルの作成、編集が可能です。
そして、

JPEG
PNG
TIFF
などのビットマップイメージをインポート/エクスポートすることも可能です。
EPSの書き出し機能もあります。
また、最新版InkscapeではPDFファイルの編集もできるようになりました。

Adobe Illustratorと比べても全く劣らない性能を持っています!

参照:Inkscaper ~Inkscapeの使い方~.




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です